会社設立のメリット/デメリット

   

会社設立の方法

busi_001
こんにちは、今日は会社設立の方法についてお話したいと思います。

その前に会社の種類にどのようなものがあるかを理解する必要がありますね。

ふだん、何気なく「会社」といっている場合、「株式会社」を指す場合がほとんどですが、

世の中には株式会社以外の会社形態もたくさんあります。

そもそも、会社設立の前にそもそも法人を作る必要があるのかを考える必要があります。

会社(=法人)って何?というところからはじめたいと思います。

■事業を行う上で会社は必ずしも必要ない

独立して事業を行う上で必ずしも法人格を持っている必要はありません。
個人事業主としても事業を行うことはできます。

では、なぜ、会社を作るのでしょうか。

■会社を作るメリット/デメリット

それは、

・会社の方が信用度が高い
・節税の選択肢が広くなる
・資金調達の幅が広がる
・採用の幅が広がる
・経営リスクが少なくなる
などのメリットがあるからです。

逆にデメリットとしては、
・維持費がかかる
・社会保険加入の義務が発生する
・事務負担が増える
・事業の廃止に費用がかかる

などがあります。

一般的には年商が1,000万円を超えると法人化したほうが良いと言われますが、
メリット/デメリットをよく考えて会社を作るべきでしょう。

会社を作るのは思ったより難しくなく登記のお金さえあれば思ったより簡単に作れたりするものです。

ただし、法人というくらいなので、あなた個人とは別の"人格"を持った存在を世の中に生み出すことになるわけですから、

これは赤ちゃんを生むのと同じくらいの責任が発生するといってもよいでしょう。

会社は維持するのにも廃止させるのにもお金も手間もかかるのです。

法人を作るべきか事業を続けられるか、よく考えてから会社を作りましょう。

 - 会社設立の方法